生田絵梨花の歌声は唯一無二だ

スポンサーリンク
はてなブックマーク - 生田絵梨花の歌声は唯一無二だ
Pocket

クリスマスの日にソロライブを開催した乃木坂46の生田絵梨花さん。

ライブチケットは無料ということもあり、相当な抽選倍率だったと思われます。

もちろん僕はハズレました・・・。

生でいくちゃんの歌声を聴けた人は本当に羨ましいです。

可愛い子が多い乃木坂46に中でもトップクラスの可愛さを誇るいくちゃん。

しかし彼女はただ可愛いだけではなく、飛び抜けた武器を持っているんです。

それは・・・

『歌声』

です。

そりゃグループに46人もいれば歌の上手い子も下手な子も存在しますし、中には音痴を売りにしている子もいますし。

ただ、いくちゃんの場合は普通に上手いだけはない気がします。

僕自身、歌の本当の上手さってどれだけ伝わるかだと思っていて、いくちゃんの歌声は本当に心に響くんです。

もちろん生で聴くのが1番伝わるんですけど、CDやテレビでも伝わってくる所にいくちゃんの凄さを感じています。

グループで歌う曲となると、ソロパートを歌えるメンバーは限られてしまい、大半は複数のメンバーで歌います。

そうなると中々、自分の好きなメンバーの声を探すのは大変です。

「あれ!?今のそうかな・・・」

なんて何回もリピートしなきゃならないんですよね。

ただ、はっきり言っていくちゃんの声だけは別格です。

どこにいてもいくちゃんの声は分かるし、とにかくこの声を聞くと鳥肌が立ちます。

あの伸びやかな声が自分の耳を伝って全身に行き渡るんです。

いくちゃんの歌が自分の体を駆け巡りいつしかその声に聞き入り、涙することもあります。

未だかつてこんな歌を歌うアイドルは見たことないし、今後も出てこないと思います。

まさに、生田絵梨花は「唯一無二のアイドル」と言えます。

ここ数年、夢であったミュージカルに多数出演し声を通しての表現力もぐっと増しています。

まだ、21歳と言う年齢を考えると10年後が恐ろしくもあり楽しみしで仕方がありません。

歌声に関してはまだまだ伸びます。

いくちゃんの声を最大の魅力はどこまでも伸びて行きそうな声です。

僕はその伸びのある声に可能性と希望しか感じません。

まだ、高音域になるとファルセットを使うことが多いと感じます。

もちろん、いくちゃんのファルセットも素晴らしく普通のアイドルどころかプロのアーティストでも簡単に出せない声です。

ただ、これからもっと成長して声量が増えればもっと力強く伸びのある声が聞けるのは間違いないです。

イメージとしてはSuperflyの越智志帆さんのような力強い声です。

その円熟味が増した声といくちゃんが生まれながらに持ったファルセットが融合した時は想像もしない声を僕たちに届けてくれるでしょう。

そんなことを考えると10年後、いや5年後が楽しみです。

乃木坂46にとっていくちゃんの声とピアノは大きな武器です。

たとえ乃木坂46の事を知らなくても、1回でもいくちゃんの声を聴けば間違いなく気になるでしょう。

それだけ人を魅了し、惹きつける力がいくちゃんの声にはあります。

来年もいくちゃんはミュージカルへの出演が決定しています。

10枚目シングル「何度目の青空か?」以降センターに立っていないですけど、次に乃木坂46が出すシングルは記念すべき20枚目 。

個人的にはこの記念すべき20枚目のシングルではいくちゃんがセンターで、あの伸びやかな声を乃木坂46をまだ知らない人に届けてもらいたいです。

今回のコンサートはアコースティックライブでしたけど、次があれば今度はもっとパワフルないくちゃんのパフォーマンスを見たいです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
すきとこの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする